ガソリンカード 自営業 個人事業主

せっかく申し込みソするなら・・・

私はクレジットカード会社で働いていた経験があります。

 

いろんなクレジットカードを取り扱う中でもガソリン値引きが魅力で人気があったのはガソリンスタンドのクレジットカードでした。

 

そのガソリンカードの中でも申し込みで多いのは大学生、それから個人事業主、自営業の方です。なぜだか必ずと言っていいほど殴り書きで書かれてある申し込み書。そしてまた殴り書きで書いてあるせいで文字が見えず不備となって手続きが止まってしまいます。これは私たちの中ではあるあるネタなのです。この申し込み書が届くとまたか?という声と共にため息が漏れることもあります。

 

例えば住所が、わからないと手続き上、封書や発行されるクレジットカードが郵送できないため本人へ連絡することになります。

 

そうするとお電話口で自営業の方が「なんの勧誘だ!俺はクレジットカードなんて作ってないぞ」とまず第一声激怒します。すかさず、ガソリンスタンドで申し込みのクレジットカードだと伝えると人が変わったように「あー!なんだ!早く言ってくれよ?、で、いつ届くんだ?まだ来ないと思ってたんだよ?」と一方的に話し始めます。話の腰を折らないようにどうにか住所の確認をし、これから手続きだと話して更にうんちくを話して終えます。

 

住所が、見えづらいだけだとまだいいです。

 

全てが見えにくいそんなときは電話番号も別人に繋がったり、または桁不足だったり、名前もカナがふっていないため呼び出し名がわからないため確認出来なかったりと様々な不備の申し込み書が届くのがガソリンスタンド×自営業となっていたのです。

 

やはり個人事業主、自営業の方は仕事でも個人でも車を使うことが多いため申し込みが多いのでしょうか?多い理由はいまだわからないままなのです。