ガソリンカード 自営業 個人事業主

塵も積もれば山となる? これが自営業成功へのキーワードでもある。

軽自動車と自営業

 

私は自営業者です。車で移動が多い仕事をしています。

 

一日の走行距離は少ない時で60km、多い時は180kmくらい走ります。車は駐車場の問題など考えて軽自動車に乗っています。

 

とにかくガソリンスタンドに行くことは他の人に比べれば多いです。

 

確定申告の時などは領収書の整理が大変です。一枚一枚まとめて、日付、ガソリンスタンド名、金額、入れた容量など打ち込みます。以前は領収書がダブったり足りなかったりして大変でした。ここ数年、地方でもセルフのガソリンスタンドが増えてきて、価格競争も少しづつですが行われています。

 

経費としては、ガソリンは年間の金額がかかりますので、エンジンの問題がおこらず安い店を見つけて使用するようにしています。

 

ある時、ガソリンのプリペイドカードの話が聞こえてきて調べてみると利点が多く記載されていました。レジでの払うときにもたつかなくて便利とか、割引率が手出しよりも数円安くなるとか、コンパクトで便利という事でした。私が行っているところのシステムは、ガソリンを自分で入れると機械からレシートが出てきて、そのレシートとポイントカードとプリペイドカード(1万円券)をレジーのところまで持っていくと精算できるという流れです。

 

財布はいらないし小銭でもたつくことなくあっという間に精算できます。

 

くレジのところで財布を開けて小銭をジャラジャラと落としてしまっている人など遭遇します。そんなことはプリペイドカードではありません。

 

同じお店で入れるようにするとサービスも良いという話も聞きました。

 

ただし、プリペイドカードでも失敗することもあります。

 

額が記載されるのですが、慌てていた時などに入金金額が、足りない事もあるのでお金を定額分は前もって準備しておかなければいけません。

 

私としては、プリペイドカードでかなり経費減らしが出来ています。

 

1リットルで1円安いと10リットルで10円ですから年間に換算するとかなりの金額になります。

 

ガソリンの単価の変動があるので、はっきりいくら安くなるとは言えませんが、原価で購入するよりは間違いなく安くなります。確定申告時期にも定量で入れるようにしているので計算がしやすく以前のような苦労が少なくなりました。

 

困ったことがあったときなどは、そのガソリンスタンドは直接利用しなくても相談でき、不安の解消もできるので願ったりかなったりです。一か所のガソリンスタンドのプリペイドカードにするだけでこんなに便利になるのですから利用を考えてみるのも良いと思います。